金昌宏と過去

金昌宏

金昌宏は、学生の頃から絵が上手で、人物画に長けていました。彼は毎日のように絵を描いており、いつしか服のデザインを考えるようになりました。彼は中学生の時、デザイナーになることを決心しました。その後、紆余曲折を経て、ハイブランドのデザインに関わるようになりました。

彼にとって、過去は都合の悪い問題を多く含むため、あまり話したがろうとはしません。そのため、彼の過去は、彼にしか分かりません。少なくとも、彼が語る、彼の過去に関する表現はとてもシンプルで、極力無駄を排しています。それは、「何もない」だそうです。あまりにシンプルなので、相手もそれ以上聞かないそうです。

人として、正しい道を歩むべき。そう金昌宏は言います。自分に能力が足りないなら、どうにかしてそれを補えばいいですし、仕事選びも同様です。かれは、自分に厳しくなることで、過去の狼藉と向き合っています。学生時代、彼は高飛車なことばかりして、皆を困らせたそうです。学校の先生の手を煩わせてしまい、申し訳ないと思っておられます。

過去を振り返り、金昌宏は「あの頃の自分は若かった」と思うそうです。自分に実力がないことを隠したくて、いつも寝たふりをしていたそうです。自分勝手でワガママ、おまけに態度がでかいのですから、相当ひんしゅくを買ったそうです。その後、とある大会で落選して、人が変わったように丸くなったそうです。

学生時代、マジックが好きな友達に、マジックを教わったことがあるそうです。まじっくはとても楽しく、金昌宏の心はうきうきしていました。この時、彼は自分の器用さに気付いたそうです。マジックは今も練習されており、隠し芸として披露されています。十八番は帽子から飛び出す鳩の芸です。

彼にとって、過去は思い出の一つです。思い出のまま留めておきたいこともたくさんあるそうですが、あえて封印しているそうです。彼は、決して自分に才能があるとは思っておらず、「現在の状況は努力によって勝ち得たものだ」と話されています。彼は学生の頃から、毎日指先を鍛えておられました。そのせいか、筆圧が強く、かなりインパクトのあるデッサンができるそうです。

過去の経験は、彼をデザイナーへの道へと導きました。彼は、「一流になりたいなら、過去を見直すべきだ」と話されています。かれは自分のにとっては、過去の悔しい思いこそが原動力であり、バネだそうです。極力、自分を知り、受け入れること。そこが、 金昌宏 のスタートラインです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一般的に、集団の中の個人は複数の役割を持っており、それぞれの役割に期待される事柄は異なります。例えば…
  2. 1.地球温暖化による影響2.地球温暖化の原因1.地球温暖化とは?地球温暖化とは、地球の温度が上昇する…
  3. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
ページ上部へ戻る