カメラマン、白石達也のこだわり

仙台を中心に、全国にも出張するなど活動の幅を広げているカメラマン、白石達也。彼はカメラマンとして様々な活動を行っており、特に対人物への評価がとても高いカメラマンとして知られています。風景の腕前も素晴らしいのですが、被写体を通した撮影こそが白石達也の持ち味とも言われています。なぜそのような評価を得ているのかといえば、白石達也は被写体との信頼関係の構築が大切なものだと心得ているからです。もちろんカメラマンとしての技術も大切ですし、どのようなカメラを使っているのかも大切ではありますが、被写体との信頼関係もまた、とても大切なものです。

どれだけ素晴らしい腕前を持っていても、被写体との信頼関係が出来ていないと、どれだけ腕前の良いカメラマンではあっても、被写体の魅力を伝えることは出来ないと考えているのです。笑っていない人間を撮影して、笑顔の写真になる訳がありません。敵意を持たれていないとはいえ、見知らぬ存在に緊張していては良い写真は撮影出来ませんが、白石達也はその点を何よりも理解していますので、被写体とのコミュニケーションを重視します。自分がどのようなカメラマンなのかを分かってもらうだけではなく、相手がどのような人間なのかも分かっていなければ良い写真は撮影出来ないと考えているのです。

白石達也が他のカメラマンと違うと言われているのはそのためです。普通のカメラマンは「良い写真を」と思ったらテクニカルな部分に頼りがちなのですが、白石達也はテクニカルさよりも、被写体とのコミュニケーションを重視しますので、被写体はカメラを向けられてもごく自然な表情を見せることが出来るのです。カメラは真実を写します。笑顔を撮影したいなら、被写体が笑顔でなければなりません。安心している表情と緊張している表情とでは、どちらの方が魅力的な表情なのかはわざわざ言うまでもありません。テクニカルな部分ばかりに頼っているカメラマンでは決して撮影出来ないような、自然な表情を撮影出来るカメラマンとして知られているのです。

このような評判が広がっていますので、宮城県外への遠征も増えているようです。せっかく写真を残すなら、緊張してこわばっている表情よりも、自然な表情の方が良いと思うのは当たり前の話です。カメラマンと被写体という考えではなく、まずは一対一。人間関係の延長に、良い写真が待っていると分かっているので、コミュニケーションを重視しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一般的に、集団の中の個人は複数の役割を持っており、それぞれの役割に期待される事柄は異なります。例えば…
  2. 1.地球温暖化による影響2.地球温暖化の原因1.地球温暖化とは?地球温暖化とは、地球の温度が上昇する…
  3. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
ページ上部へ戻る